雑記:「最近のアニメはつまらない→×」「最近のアニメを見ていない→○」

数日前にツイッターに書いたもののまとめ&加筆修正版。


番組改変期のこの時期になると風物詩のごとく「最近のアニメはつまらない」って人が出てくるなあ。
別につまらないと思うのは構わないんだけど、見てないならちゃんと見ていないって言えよってやつね。

前にも書いたけど、新規アニメが始まったばかりですでに見るものがないと言ってる人の
「最近のアニメはつまらない」
は信用できないので注意しましょうね。そういう人は0話切りか1話切りしてるアニメ見ない人だから。
1話目だったらマミさんだって五体満足でティロ・フィナーレしてるわ(笑)

思うに、最近のアニメはつまらないと言っている人は

(1)見ないで済む理由づけ。いわゆる酸っぱいぶどうの理論。
(2)時代の流れについていけない元オタク。
(3)飽きただけ。

あたりが大体のもので、本当に過去と現在のアニメの面白さを比較している人は少ないと思うよ。

(1)はアニメを見る時間が取れなくなり、名作を見逃す悔しさを和らげるための処置。あのぶどうは酸っぱいから食べないでもいいやと言ってる狐と同じ。
(2)は歳取るとこうなりやすい。見ていないけど過去の知識があるから一言いいたくなる部活のOBタイプ。
(3)も単純。「既視感が~」といってる人は大体これ。

とくに0話切りをしている人のつまらないはまず間違っている。
それはつまらないのではなく、自分が興味を持てないだけの話。面白さとは無関係。

だって、つまらなさを分析するのって面白さを語るのの何倍も難しいんだから。
(『魔法少女まどか☆マギカ』や『がっこうぐらし!』を1話だけ見て駄作と評することがどれだけ馬鹿げているかを考えればわかりやすい)

最近のアニメはつまらないって言ってる人は本当、今のアニメのこと知らないからね。
(そもそも今は古い原作である『ジョジョの奇妙な冒険』『うしおととら』『寄生獣』『Fate/stay night』『アルスラーン戦記』『キノの旅』などを使ったアニメも増えてきたので最近のアニメという言葉自体が説明不足になっている)

ロボアニメが好きな人だって『ナイツ&マジック』や『クロムクロ』どころか『マクロス』『アクエリオン』『コードギアス』『蒼穹のファフナー』に新作があることすら知ってるかどうか怪しいし。

二、三十年くらい前の夕方やゴールデンにやっていたアニメが好きという人にしたって、今やってる『プリキュア』や『アイカツ』や『ポケモン』を見ている形跡がないし、深夜にやってる子供向けアニメとまで言われた『けものフレンズ』『リトルウィッチアカデミア』なども見ていない。

今だって『タイムトラベル少女』とか面白い子供向けアニメはあるのにねえ。
『プリンセス・プリンシパル』の7話とか、『アリスと蔵六』の6話7話みたいにピンポイントで1話だけハートウォーミングな話を挿入するアニメもあるんだし。

『ポケモン』もすでに定番すぎるからかスルーしている人多いからなあ。
いまのサン&ムーン編は雰囲気ガラッと変わって学園ものになっていてとっても面白いのに。

ロケット団が出てこない回を増やしたり、野球回などの作画遊びやカスミとタケシが登場するお父さんお母さん向けの展開もあるなど、マンネリ化していた流れを打破した良い路線変更だと思うんだけどね。

百合ものやBLものが増えてきたという人もいるけど、今は等身大の中学生の恋愛を描いた『月がきれい』や、過激な性描写が話題になった『クズの本懐』などもあり、『バッテリー』『DIVE!!』といったスポーツものもある。

アニメのジャンルそのものが二、三十年前とは比べ物にならないくらい増えてるんだから「○○ばかり」という意見自体が的を外している。
(布袋劇の『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』も、今でなければ見られないものだろう)


以上。
ちなみに2016年は年間でアニメを220本放送したようですけど、最近のアニメはつまらないと言っている人はこの内の1割でもタイトルを言えるかどうか。

なので自分としては

最近のアニメはつまらない→×
最近のアニメを見ていない→○

と正しく言い換えて欲しいと思っている限りです。
スポンサーサイト

ゲーム感想:『Fate/Grand Order 亜種特異点Ⅲ 屍山血河舞台 下総国 英霊剣豪七番勝負』「まさに『Fate 宮本武蔵ルート』と呼ぶにふさわしい完璧な短編」

FGOの剣豪七番勝負をクリアしたので、ツイッターに書いた感想を加筆修正。
ネタバレ全開になるんで、クリアしていない人は注意ね。


今回のシナリオは完全に「これでノベルゲーは向こう十年は安泰だな」と思えるほどビンビンに研ぎ澄まされた内容だった。
昨年末の終章でもそう感じたものだったが、今回のはさらにそれをはっきりと意識できるほど綺麗に完結した短編だったと言えよう。

なぜ、十年後も安泰と思えるのか?
簡単だ。このシナリオを読めば、感化された若者が同じような『魔界転生』オマージュのチャンバラ活劇を、そして『Fate』オマージュのボーイ・ミーツ・ガールを書くと断言できるほどの面白さだったからだ。

FGO第1部もボーイ・ミーツ・ガールとして、そして出会ってきた仲間たちとの絆の物語という少年漫画の王道を行く完璧なシナリオだったのだが、今回のはそれよりもやや年齢層を上げてきた。

いや、むしろもう完全にこう言い切ってしまおう。
このノリは、00年代のノベルゲーそのままだ。

今からおよそ十五年ほど前。
当時、タイプムーンやニトロプラスなどのエロゲメーカーが出した熱いシナリオのゲームと同じ面白さがここにはあった。

FGOの設定も、カルデアという場所も、それどころか主人公である藤丸立香の存在すら脇役にして、完全完璧に宮本武蔵を主人公にしたストーリー。
これはもう、実際に読んでみてくれとしか言えない。


設定の扱い方が本当に上手い。
平行世界ネタはFate時空ではすでにお馴染みだけど、それを使い、女の宮本武蔵は正当な歴史では存在しない→彼女の帰る故郷はすでにどこにもないと逃げ場をなくしてからの奥義開眼までの流れが最高に熱い。

帰るべき場所を失い、さまざまな平行世界を歩んだからこそ見つけ出せた答えと、最後に待ち受ける最大最強のライバル。

あらゆる可能性をそぎ落とした武蔵の剣と、真逆を行く小次郎の剣。
以前からある小次郎の設定と対をなすようにした武蔵の設定には、ただただ脱帽の一言。

すべての戦いが終わったあとの美しすぎるCGとBGM、そして別れ。
エピローグすらも蛇足と思えるほどの完璧なビターエンドと、どこを切っても自分が愛したノベルゲーそのままだった。


大満足。
数少ない不満点をあげるとすれば、これをプレイするためにはFGO1部をクリアしなくてはならないことか。
これ単品でも綺麗に完結しているのでラノベ好きにもオススメしたいのにすぐにプレイさせられないのが残念すぎる。

十年くらい前だったらこれ単品でもパッケージ化されていただろうになあと思わなくもないのだが、そこは時代の流れなので諦める。
ともかく、シナリオが絶品なので遊べる方は是非どうぞ。

――――――――――
感想リンク。
『Fate/Grand Order』6章

今週の午後のロードショー。今週は「いぶし銀の名優たち」特集で『ランダム・ハーツ』『バラキ』『荒鷲の要塞』『アイガー・サンクション』『モンスターズ 地球外生命体』を放送。

10月第3週の午後のロードショー
今週は「いぶし銀の名優たち」特集。今月の金曜は「パニック」

16日(月):『ランダム・ハーツ』
17日(火):『バラキ』
18日(水):『荒鷲の要塞』
19日(木):『アイガー・サンクション』
20日(金):『モンスターズ 地球外生命体』

今週の午後のロードショー。今週は月曜が休みで『マーキュリー・ライジング』『ダイヤルM』『新・猿の惑星』『PLANET OF THE APES 猿の惑星』を放送。

10月第2週の午後のロードショー。
今週は月曜の放送がお休み

10日(火):『マーキュリー・ライジング』
11日(水):『ダイヤルM』
12日(木):『新・猿の惑星』
13日(金):『PLANET OF THE APES 猿の惑星』

火曜水曜は「秀作サスペンス」特集。
火曜日はブルース・ウィリス主演『マーキュリー・ライジング』
サイモンごっこするなよ! 絶対にだぞ!

水曜日はヒッチコック監督『ダイヤルMを廻せ』のリメイク『ダイヤルM』

木曜金曜は猿の惑星シリーズを二作品。公開年代差じつに30年!

アニメ感想:2017年7~9月期アニメ。「今期は『プリンセス・プリンシパル』『ゲーマーズ!』『ナイツ&マジック』と気に入ったアニメが多かった」

2017年の夏アニメ(7~9月期)の総括。
このクールは面白いのが多かったので久しぶりに感想まとめを書いてみる。

●『プリンセス・プリンシパル』
夏アニメどころか2017年アニメ暫定1位。
美少女×ハードボイルドスパイアクションと、『NOIR』などの真下耕一美少女ガンアクション三部作が好きだった人なら間違いなく突き刺さるアニメ。

これはもう、「見てくれ!」というのが一番。
絵柄は可愛いし百合妄想が捗る設定なので勘違いされやすいけど、内容そのものは最近のアニメでは珍しいほどのガチガチのハードボイルド。

そもそも一話目からして主人公が人を殺すし、その後も主人公メンバーの知り合いがどんどん死んでいく。
かといって残酷さが売りなのではなく、ちゃんと物語としての美しさを優先した納得の行く死を見せているところはとても高く評価できた。

短編オムニバス、時系列シャッフル形式を用いているので途中の回から見始めても問題ない上にどこからでも楽しめる内容になっているので、無料一挙放送中にパッと適当な話を見るだけでもいいのでとにかく見て欲しい。

個人的オススメは8話10話の百合オタ撃沈話や、5話のアクション回、そして製作者も「『プリンセス・プリンシパル』のすべてが詰まってる」という1話かな。

プリプリは無料一挙放送をたびたびやってるけど、オリジナルアニメだしこうやって知名度上げるのは重要だと思う。
このアニメってスパイものもあれば19世紀末のイギリスの日常みたいな洋画的アットホームありと一話ごとに雰囲気まったく違うから人によって絶対に好きな回が違うし。


●『ゲーマーズ!』
夏アニメ一番のダークホース。
『僕と彼女のゲーム戦争』みたいなゲームを題材にした部活ものだと思ったらハイテンションラブコメディだったという、良い意味での裏切りを味わったアニメ。

これは最初から最後まで笑って楽しめた。
ラブコメではあるものの基本はコメディ路線であり、すべてのメインキャラが何かしらの勘違いをして恋愛模様がこじれていくので最後まで飽きない。

終盤は作画が力尽きたり明らかにカットが足りてない場面もあったものの、ギャグアニメに重要なコンテや演出、演技などはどれも高水準。

男キャラの高感度が高いラブコメは良作の法則だね。
主人公の雨野も友人の上原くんもどっちも可愛くて大満足じゃ。
恋愛感情がまったくないのに傍から見るとお似合いのカップルにしか見えない雨野と亜玖璃の関係も実に良し。

やや消化不良な終わり方だったものの原作が終わってないから仕方がないか。これは原作手を出すかどうか悩むな。


●『ナイツ&マジック』
今期で一番原作が読みたくなった作品。

原作はいわゆるなろう系と呼ばれる異世界転生ものライトノベルなんだけど、転生要素まったく必要なし。
ファンタジー世界でのチート主人公ロボットものという、往年のロボットアニメの雰囲気そのままで話が進んでいくのでおっさん狙い撃ちなアニメになっていた。

お話としてはダイジェストもよいところだったものの、最初から最後までロボCGのクオリティは抜群。
ほとんどのロボに追加腕が搭載されていたり、主人公機に至っては六本腕なんていう3DCGじゃなくちゃ絶対に動かせないというデザインが最高。

そして何より、主人公であるエルくんの突き抜けたキャラクター性よ。
前向きで明るいんだけどいわゆる主人公的な熱血キャラではなく、完全にマッドサイエンティストポジション。

仲間や国や正義のために戦うのではなく趣味のために戦い、人殺しで葛藤せずに最初から最後までロボの活躍に目を輝かせるなど、過去のロボアニメで何度も疑問視された部分をうっちゃって突き抜けたところは個人的には大絶賛。

これはいずれスパロボに出て欲しいなあ。
スパロボに出たらトイボックス→イカルガで乗り換えになるだろうし、ゴルドリーオはMAP兵器持ち専用機で他の機体は乗り換えOKだと嬉しい。
双子の機体は二人乗りバージョンは専用機にして補給ユニットで出すとかすればバランス取れそう。

エルくんが鬼可愛いのは問題ないんだけど、個人的にはせっかく月日が流れてるんだから成長したカッコいい姿にアディがドキドキしてくれたらさらに好みになったのだが。
原作だとどうなんだろう。


●『Fate/Apocrypha』
原作既読済み。
Fateシリーズなんでアニメ化への不安はまったくなかったけど、期待通りに最高の形を提供してくれた。

原作が設定てんこもりの小説なんで説明不足な部分は多々あるものの、下手に説明ばかりでも退屈なのでこれで問題なし。
原作からしてアクション重視な部分もあるからかアニメでもアクション面に力入れてるので、最終決戦がいまからとても楽しみだ。


●『雑感』
今期は面白いものも多かったし、何よりお気に入りの作品がとても多かった。
ベストエピソードを1話だけ選ぶとすると『プリンセス・プリンシパル』の8話か『Re:CREATORS』の21話かなあ?

プリプリは短編オムニバス形式なのでひとつを選びにくいけど、やはり過去話のこれで。
『Re:CREATORS』は前半1クール目は退屈すぎて何度も切ろうと思ったものの、ラスト5話くらいはとても面白い。
この展開に持って行きたかったのか! と納得できる内容になっていたので、前半で切った人は総集編と最後の数話だけでも見て欲しい。

あとは、瞬間最大風速なら文句なく『ゲーマーズ!』の6話ラストが挙げられる。
全滅ゲームオーバーからの大逆転には大笑いさせてもらった。
それゆえに最終回がちょっと物足りなかったのは残念といえば残念。二期もあると嬉しいけど、これは難しいかなあ。
FC2カウンター
プロフィール

fujimiti

Author:fujimiti

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
『Re;Lord 第三章 ~グローセンの魔王と最後の魔女~』応援中!
フリーエリア
『淫堕の姫騎士ジャンヌ2』応援中!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR