FC2ブログ

ラノベ感想:『りゅうおうのおしごと!』9巻。「アニメ化もした将棋ラノベの9巻。今回は八一VS生石玉将、銀子VS天衣の二本立て」

ラノベ感想
08 /17 2018

GA文庫、白鳥士郎著『りゅうおうのおしごと!』9巻、読了。

面白かった!
8巻はアニメ化のタイミングにあわせての刊行だからか短編集で内容が薄めだったものの、今回は復活。
いつもの『りゅうおうのおしごと!』といった感じでプロ棋士の対決&女流棋士の対決の二本柱で進んでいく。

プロ棋士の対決も八一VS生石玉将というある種の師弟対決でとても盛り上がるのだが、今回のメインは女流戦。
銀子VS天衣というヒロイン同士のぶつかり合い。これがとても面白かった。

自分は前々から「サブキャラ同士の対決は主人公のものよりも面白くなる」と書いているものだけど、今回もそれが炸裂。

55戦無敗の銀子と若き天才の天衣のどちらが勝ってもおかしくない対決。
段位的には銀子が圧倒的に上回っており、初戦も当然ながら勝利を手にするのだがそのあとの解説でのやりとりがすごい。

あっさりと勝敗が決したから盛り上がらないのではない。
銀子の対局が盛り上がらないのはいつものことで、なぜなら銀子が勝つのは当たり前だからだ。

いままでずっと女性相手には勝ち続けてきたため観客どころか対戦する棋士すらも銀子が勝つことを当たり前だと考えていた。

だからわずか10歳の女の子が負けても無理もない。そんな達観した大人の慰めを跳ね飛ばす天衣!
駄々をこねる子供でしかないような強がりからの復活劇と、どこまでもがむしゃらに勝ちをもぎ取ろうとする姿勢がめっちゃくちゃに熱い!

『りゅうおうのおしごと!』は将棋を上手くバトルものというかスポコンものというか競技ものにしているなあ。

基本的にスポコンものはプレイヤー視点にすると内面の葛藤を描ける反面、対戦者のどちらが有利なのかを説明しづらくなる。

しかし将棋には対局を見守る記録係やら解説役などがおり、彼らの目を通して勝負がいまどうなってるのかの説明がある。

そのため、将棋に詳しくない読者(または読み流すような読者)も雰囲気からたった一手で勝敗の天秤が大きく傾いたことをすぐに把握できる。
この書き方はとても上手いと思うのよ。


相変わらず毎巻が何らかの最終回(ある人物の節目という意味)な本作だけど、今回も実に見事なひとつの区切りだったなあ。
続きも楽しみ。

――――
感想リンク。
『りゅうおうのおしごと!』1巻
スポンサーサイト

今週の午後のロードショー。今週は『沈黙の報復』『アウトロー』『サイレント・ワールド2013』『免許がない!』『クライマーズ・ハイ』を放送。

午後のロードショー・サタ☆シネ
08 /13 2018
8月第3週の午後のロードショー。
水曜日の映画は地上波初放送。

13日(月):『沈黙の報復』
14日(火):『アウトロー』
15日(水):『サイレント・ワールド2013』
16日(木):『免許がない!』
17日(金):『クライマーズ・ハイ』

今週の午後のロードショー。今週は『コラテラル』『ステルス』『アイス・クエイク』『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島』『ブラック・ウォーター』を放送。

午後のロードショー・サタ☆シネ
08 /06 2018
8月第2週の午後のロードショー。
8月の水曜日は極寒!氷結パニック!特集。

 6日(月):『コラテラル』
 7日(火):『ステルス』
 8日(水):『アイス・クエイク』
 9日(木):『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島』
10日(金):『ブラック・ウォーター』

今週の午後のロードショー&8月のサタ☆シネ。今週は『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』『スピーシーズXX 美しき寄生獣!危険な誘惑』『サイレント・ワールド』『センター・オブ・ジ・アース』『ク-デター』を放送。

午後のロードショー・サタ☆シネ
07 /30 2018
●7月第5週の午後のロードショー。

30日(月):『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』
31日(火):『スピーシーズXX 美しき寄生獣!危険な誘惑』
 1日(水):『サイレント・ワールド』
 2日(木):『センター・オブ・ジ・アース』
 3日(金):『ク-デター』

金曜日の映画は地上波初放送。
8月の水曜は極寒!氷結パニック!特集。
木曜は今週と来週で『センター・オブ・ジ・アース』シリーズ1、2を放送。


●8月のサタ☆シネ
 
11日(土):『マックス・ペイン 』
18日(土):『南極物語』

18日の『南極物語』は2006年のアメリカ版。
おや? 犬たちが……。

『ソード・ワールド2.5 ルールブックI』感想。「SW2.0からいくつかルールやデータが変更したのでまとめておく」

TRPG:SW2.5
07 /28 2018

SW2.5のルールブック。
ざっと読んだので旧SW2.0のルールと比較して変更・追加したものを書いておきます。随時追加予定。

なお、追加アイテム、追加魔物データは多いため記述しませんのであしからず。
また判定関係のデータはまだ調べ中なので記述しておりません(後々追加するかも)


●「世界」
「変更」
・テラスティア大陸からアルフレイム大陸へ
テラスティア大陸は南半球だったが今度は北半球。
ルールブックⅠの舞台となるブルライト地方は大陸南西に位置している模様。

「追加」
・奈落(アビス)、奈落の魔城(ウォールオブジアビス)関連。
魔神うようよ地帯。これにより野外でも魔剣の迷宮めいたダンジョンが作れるようになった。


●「種族」
「変更」
・タビット
冒険者になる年齢が6歳ごろから5歳ごろに変更。

「追加」
・リカント
新種族リカントを追加。
頭部を肉食獣に変化させられる種族。戦士向き。

・エルフ
種族特徴「優しき水」に効果が追加。
これにより生命・精神抵抗力の平均値が人間よりも高くなる。
(エルフが虚弱は都市伝説)

「削除」
・シャドウ
旧版ルールブックⅠ(改訂版)で追加されたシャドウのデータが削除。
(後のルールブックで追加される可能性あり)
(旧版のデータを使う分には構わないとアナウンスあり)


●「技能」
・フェアリーテイマー
技能データ削除。
(後日発売のルールブックⅡで追加されるとアナウンスあり)


●「装備」
「変更」
・格闘系武器全般
C値が上昇。
《鎧貫き》の仕様が変更されたためだと思われる。

・クロスボウ
追加ダメージが武器基準からシューター技能基準に変更。

・スポッタードール
命中修正値変更。
《狙撃》の仕様が変更されたためだと思われる。

「追加」
・スタッフ
一部のスタッフに防護点+1が追加。


●「魔法」
「変更」
・グレネード
使用マギスフィアの大きさが変更。
使用後マギスフィア破壊追加。

「追加」
・ナップ
スリープの代わりに真語魔法に追加。
スリープと同じく睡眠魔法。

・アースシールド
新規コンジャラー魔法。防護点上昇。

「削除」
・スリープ
スリープクラウドに続いて遺失魔法化。
(睡眠効果が強すぎるためだと思われる)

・クリエイトゴーレム、クリエイトアンデッド
ゴーレム関係は妖精魔法と同じく後日発売するルールブックⅡで追加されるとアナウンスされている。


●「戦闘特技」
「変更」
・物理攻撃系宣言特技全般。
全力攻撃などダメージ変動系の特技は複数箇所攻撃の時には1箇所にしか効果が適用されなくなった。

・インファイト
リスクが『イグニスブレイズ』版の防護点0から旧ルールブック版の回避減少に変更(元に戻った)

・ガーディアン
ランク式(「Ⅰ」が追加)に変更。低レベルから取得可能に。

・狙撃
旧ルールブック、『イグニスブレイズ』からさらに変更。
2度目のテコ入れでそろそろ使えるようになったか?

・必殺攻撃
C値マイナスから出目上昇に変更。ランク式(「Ⅰ」が追加)に。

・魔法制御
宣言特技に変更。

・魔力撃
リスクから回避減少削除。抵抗減少値増大。

・鎧貫き
自動取得から選択取得特技に。
また効果も変更。

「追加」
・変幻自在
フェンサー、グラップラー用の戦闘特技。
複数の戦闘特技を使用可能。

・サバイバビリティ
レンジャーの自動取得特技。「治癒適正」から置き換え。

・ターゲッティング
「精密射撃」「魔法誘導」をひとつに統合。

・バイオレンスキャスト
魔法ダメージ上昇系特技。

・魔法拡大すべて
魔法拡大系を組み合わせて使えるようになる。
ルーンマスターどうなんだろう?

・魔法拡大の達人
魔法拡大を個別で行えるようになる。

「削除」
・治癒適正、ブロッキング、鉄壁
治癒適正は代わりに「サバイバビリティ」を5レベルで自動取得。

・魔法誘導、精密射撃
ターゲッティングに統合。


●『雑感』
・2.5版ルールブックは各種サプリメントに登場した新しいルールやアイテムなどが乗っている最新版はじめてプレイする人向けのルールブックといったところ。
また舞台となる大陸と地方が旧SW2.0のルールブックから一新されている。

・冒険者の店ってかなり高度なシステムになってる気がしないでもない。

・冒険者にお金を貸してくれるだなんて!
(根無し草に金は貸せねえよと言われた昔と比べると雲泥の差)

・リカントって武器データの牙ないの?
後々追加されるとは思う。

・リカント語って文章あるの!?
ドラゴン語と同じく発声のみだと思ったのに。

fujimiti