FC2ブログ

雑記:「ライトノベルの表紙は10年前に比べて扇情的になっているのか実際に調べてみた(まとめ編)」

雑記
09 /14 2018
ライトノベルの表紙今昔の総評です。
以下検証リンク
電撃文庫編
角川スニーカー文庫編
GA文庫編
ガガガ文庫編
講談社ラノベ文庫編

●「総数まとめ」
・「電撃文庫」
2017年9月~2018年9月:141冊中28冊:19.8%
2005年1月~2006年1月:166冊中12冊:7.2%

・「角川スニーカー文庫」
2017年10月~2018年10月:97冊15冊:15.4%
2005年1月~2006年1月:87冊3冊:3.4%

・「GA文庫」
2017年9月~2018年9月:92冊3冊:3.2%
2006年1月~2007年1月:55冊2冊:3.6%

・「ガガガ文庫」
2017年9月~2018年9月:62冊3冊:4.8%
2007年5月~2008年5月:71冊7冊:9.8%

・「講談社ラノベ文庫」
2017年9月~2018年9月:61冊中15冊:24.5%
2011年12月~2012年12月:71冊中9冊:12.6%

●「総評」
電撃、スニーカーの老舗二大レーベルはどちらも二倍以上に増え、GAガガガの両レーベルでは減少傾向にある。

電撃文庫では新旧含め8タイトルに同作者同イラストレーターの『終わりのクロニクル』『境界線上のホライゾン』シリーズが含まれている。

同じように、ガガガ文庫では『出会ってひと突きで絶頂除霊!』シリーズ。
講談社ラノベ文庫では『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』などが複数タイトル該当となった。

これらのことから、表紙が扇情的なタイトルが人気シリーズになった結果そのような表紙の割合が増えるというパターンも存在することがわかる。

また『ヘヴィーオブジェクト』のような巨大メカが登場するSF系の作品ではヒロインはパイロットスーツを着る傾向にあり、結果としてボディラインの浮く姿になることが多いがこれは『宇宙戦艦ヤマト』と似たようなものだということも記しておこう。


●「ライトノベル以外のパッケージの変換」
これでエントリーを終わらせてもよいのだが、せっかくなので他のジャンルの表紙も並べてみよう。
出来れば十年ほど前の漫画を調べてみたかったのだがそのようなリストを掲載しているサイトに心当たりがないので断念した。
(心当たりのあるかたはご一報を)

・「アトリエシリーズのパッケージ一覧」









とこのように、下から4段目の『ロロナのアトリエ』以下三作と、下から2段目の『ソフィーのアトリエ』以下三作シリーズの服装は露出度の高い現代的なものとなっている。

またシリーズ第一作『マリーのアトリエ』の主人公マリーの服装も露出が多いものとなっているが、こういったファンタジー作品では女性が薄着になる傾向がライトノベル、ゲームに関係なく存在することがわかる。

サンプル数が少なすぎるのは承知の上だが、これをパッケージやヒロインの露出度を増やす傾向はライトノベル以外にも存在していることの一つの傍証としよう。

露出度の増加はコンシューマーゲームよりもソーシャルゲームやアーケードゲームの方が顕著だろう。
それらのゲームでは薄着のヒロインや脱衣要素が増えてきているのは多くの方が知るところだ。
(知らない人は艦これやボンバーガールあたりでも検索してみてください)

最後に表紙.JP様と表紙ミュージアム様からすぐに見つかった扇情的に思える漫画の表紙をいくつか載せて本エントリーを終わらせる。
表紙の露出度を高める売り方などどの媒体にも存在する。



スポンサーサイト

雑記:「ライトノベルの表紙は10年前に比べて扇情的になっているのか実際に調べてみた(講談社ラノベ文庫編)」

雑記
09 /13 2018
ときおり耳にする「ライトノベルの表紙は昔より扇情的になっている」という言説。
確かにざっと見たところ正しそうではあるが、実際のところどうなのか。今回はそれを検証してみた。

なお、今回のエントリーでは数字のみに留め総評はまた別エントリーで語ることにする。(リンク
また、このエントリーとまとめに掲載した数字を恣意的または誤解を招くように引用・一部抜粋することを禁じます。

以下レギュレーション。

・対象は電撃文庫、角川スニーカー文庫、GA文庫、ガガガ文庫、講談社ラノベ文庫の5レーベル。
・表紙画像はラノベの社様にて掲載されている最新&最古の販売予定画像を参照にした。
・「扇情的」の基準がとても曖昧なので、今回は「水着」「下着チラ」「胸(谷間)を読者に強調」「体のラインが出る服装」「肌の露出面積がおよそ半分近くをしめる場合」などを扇情的なものとし、表情は基準外とする。
・判断が難しいものはグレーゾーン枠とする。
・各月の販売点数は限定版と同時発売の場合は一つにカウントしている。

●「講談社ラノベ文庫」
2017年9月~2018年9月:61冊中15冊:24.5%
2011年12月~2012年12月:71冊中9冊:12.6%

▼2018年9月:7冊中0冊
▼2018年8月:6冊中1冊

『こいつらの正体が女だと俺だけが知っている』2巻

▼2018年7月:6冊中3冊

『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』10巻
『絵師殺しの戌亥さんとエロい絵に定評のある俺』
『アズールレーン ラフィーと始める指揮官生活』

▼2018年6月:3冊中1冊

『だからオカズは選べない』2巻

▼2018年5月:6冊中2冊

『こちら異世界転生取締局』2巻
『業焔の大魔導士2 ~まだファイアーボールしか使えない魔法使いだけど異世界最強~』

▼2018年4月:5冊中1冊

『だからオカズは選べない』

▼2018年3月:4冊中1冊

『異世界支配のスキルテイカー VIII ~ゼロから始める奴隷ハーレム~』

▼2018年2月:2冊中1冊

『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』9巻

▼2018年1月:3冊中0冊
▼2017年12月:5冊中2冊

『ディヴィジョン・マニューバ2 ―英雄双星― セカンド・ドラグ・ライド』
『戦女神の聖蜜』2巻

▼2017年11月:5冊中0冊
▼2017年10月:5冊中1冊

『異世界支配のスキルテイカー7 ~ゼロから始める奴隷ハーレム~』

▼2017年9月:4冊中2冊

『女騎士これくしょん ~ガチャで出た女騎士と同居することになった。~』
『パラミリタリ・カンパニー 萌える侵略者』2巻


――――
以下、2011年12月~2012年12月分

◆2012年12月:7冊中0冊
・グレーゾーン

『アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者』5巻

◆2012年11月:6冊中1冊
『イクシオンサーガ 盗賊の庸兵団』
(注:画像張れず)

・グレーゾーン

『セクシャル・ハンター・ライオット』4巻

◆2012年10月:4冊中1冊

『デッドエンドラプソディ』2巻

◆2012年9月:4冊中2冊

『いけめん彼女2 ~学校一の暴力女と恋人になった俺~』
『魔法少女地獄』

・グレーゾーン

『アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者』4巻

◆2012年8月:4冊中0冊
・グレーゾーン

『彼女がフラグをおられたら』3巻

◆2012年7月:5冊中1冊

『魔法使いなら味噌を喰え!』3巻

◆2012年6月:5冊中0冊
◆2012年5月:5冊中1冊

『アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者』3巻

◆2012年4月:6冊中1冊

『セクシャル・ハンター・ライオット』2巻

◆2012年3月:5冊中1冊

『ちょこプリ! 2.勇者になった日』

◆2012年2月:6冊中1冊

『この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と!』

◆2012年1月:6冊中0冊
◆2011年12月:8冊中0冊

雑記:「ライトノベルの表紙は10年前に比べて扇情的になっているのか実際に調べてみた(ガガガ文庫編)」

雑記
09 /13 2018
ときおり耳にする「ライトノベルの表紙は昔より扇情的になっている」という言説。
確かにざっと見たところ正しそうではあるが、実際のところどうなのか。今回はそれを検証してみた。

なお、今回のエントリーでは数字のみに留め総評はまた別エントリーで語ることにする。(リンク
また、このエントリーとまとめに掲載した数字を恣意的または誤解を招くように引用・一部抜粋することを禁じます。

以下レギュレーション。

・対象は電撃文庫、角川スニーカー文庫、GA文庫、ガガガ文庫、講談社ラノベ文庫の5レーベル。
・表紙画像はラノベの社様にて掲載されている最新&最古の販売予定画像を参照にした。
・「扇情的」の基準がとても曖昧なので、今回は「水着」「下着チラ」「胸(谷間)を読者に強調」「体のラインが出る服装」「肌の露出面積がおよそ半分近くをしめる場合」などを扇情的なものとし、表情は基準外とする。
・判断が難しいものはグレーゾーン枠とする。
・各月の販売点数は限定版と同時発売の場合は一つにカウントしている。

●「ガガガ文庫」
2017年9月~2018年9月:62冊3冊:4.8%
2007年5月~2008年5月:71冊7冊:9.8%

▼2018年9月:4冊中0冊
▼2018年8月:5冊中0冊
▼2018年7月:5冊中1冊

『出会ってひと突きで絶頂除霊!』3巻

▼2018年6月:6冊中1冊

『友人キャラは大変ですか?』5巻

▼2018年5月:4冊中0冊
・グレーゾーン

『俺の立ち位置はココじゃない!』2巻


▼2018年4月:3冊中0冊
▼2018年3月:6冊中0冊
・グレーゾーン

『物理的に孤立している俺の高校生活』4巻

▼2018年2月:4冊中0冊
▼2018年1月:4冊中0冊
▼2017年12月:3冊中0冊
・グレーゾーン

『編集長殺し』

▼2017年11月:6冊中0冊
▼2017年10月:6冊中2冊

『出会ってひと突きで絶頂除霊!』
魔法医師の診療記録6

▼2018年9月:6冊中0冊


――――
以下、2007年5月~2008年5月
◆2008年5月:6冊中0冊
◆2008年4月:5冊中0冊
◆2008年3月:5冊中0冊
◆2008年2月:5冊中1冊

『脳Rギュル 』2巻

◆2008年1月:5冊中0冊
◆2007年12月:5冊中1冊

『続々・殺戮のジャンゴ害伝 地獄のビッチハイカー』

▼2007年11月:5冊中2冊

『ビキニンジャ・ドキッ』
『武林クロスロード』

◆2007年10月:5冊中0冊
◆2007年9月:5冊中0冊
◆2007年8月:5冊中0冊
◆2007年7月:5冊中2冊

『脳Rギュル ふかふかヘッドと少女ギゴク』
『ベクシル ~my winding road~』

◆2007年6月:5冊中0冊
◆2007年5月:10冊中1冊

『武林クロスロード』

雑記:「ライトノベルの表紙は10年前に比べて扇情的になっているのか実際に調べてみた(GA文庫編)」

雑記
09 /13 2018
ときおり耳にする「ライトノベルの表紙は昔より扇情的になっている」という言説。
確かにざっと見たところ正しそうではあるが、実際のところどうなのか。今回はそれを検証してみた。

なお、今回のエントリーでは数字のみに留め総評はまた別エントリーで語ることにする。(リンク
また、このエントリーとまとめに掲載した数字を恣意的または誤解を招くように引用・一部抜粋することを禁じます。

以下レギュレーション。

・対象は電撃文庫、角川スニーカー文庫、GA文庫、ガガガ文庫、講談社ラノベ文庫の5レーベル。
・表紙画像はラノベの社様にて掲載されている最新&最古の販売予定画像を参照にした。
・「扇情的」の基準がとても曖昧なので、今回は「水着」「下着チラ」「胸(谷間)を読者に強調」「体のラインが出る服装」「肌の露出面積がおよそ半分近くをしめる場合」などを扇情的なものとし、表情は基準外とする。
・判断が難しいものはグレーゾーン枠とする。
・各月の販売点数は限定版と同時発売の場合は一つにカウントしている。

●「GA文庫」
2017年9月~2018年9月:92冊3冊:3.2%
2006年1月~2007年1月:55冊2冊:3.6%

▼2018年9月:8冊中1冊

『ちょろいんですが恋人にはなれませんか?』

▼2018年8月:5冊中0冊
▼2018年7月:5冊中1冊

『くじ引き特賞:無双ハーレム権』9巻

▼2018年6月:7冊中0冊
▼2018年5月:5冊中0冊
▼2018年4月:10冊中0冊
▼2018年3月:7冊中0冊
▼2018年2月:9冊中0冊
▼2018年1月:7冊中0冊
▼2017年12月:11冊中0冊
(番外:ドラマCD付き限定版のため)

くじ引き特賞:無双ハーレム権7 ドラマCD付き限定特装版

▼2017年11月:4冊中0冊
▼2017年10月:5冊中1冊

『月とうさぎのフォークロア。』3巻

▼2017年9月:9冊中0冊


――――
以下、2006年1月~2007年1月分
◆2007年1月:6冊中0冊
◆2006年12月:5冊中0冊
◆2006年11月:5冊中0冊
◆2006年10月:3冊中0冊
◆2006年9月:6冊中0冊
◆2006年8月:5冊中1冊

『はうはう』

◆2006年7月:4冊中0冊
◆2006年6月:5冊中0冊
◆2006年5月:4冊中0冊
◆2006年4月:2冊中0冊
◆2006年3月:3冊中0冊
◆2006年2月:3冊中0冊
◆2006年1月:4冊中1冊

『ハノン ~君の目指す明日へ~』

雑記:「ライトノベルの表紙は10年前に比べて扇情的になっているのか実際に調べてみた(角川スニーカー文庫編)」

雑記
09 /13 2018
ときおり耳にする「ライトノベルの表紙は昔より扇情的になっている」という言説。
確かにざっと見たところ正しそうではあるが、実際のところどうなのか。今回はそれを検証してみた。

なお、今回のエントリーでは数字のみに留め総評はまた別エントリーで語ることにする。(リンク
また、このエントリーとまとめに掲載した数字を恣意的または誤解を招くように引用・一部抜粋することを禁じます。

以下レギュレーション。

・対象は電撃文庫、角川スニーカー文庫、GA文庫、ガガガ文庫、講談社ラノベ文庫の5レーベル。
・表紙画像はラノベの社様にて掲載されている最新&最古の販売予定画像を参照にした。
・「扇情的」の基準がとても曖昧なので、今回は「水着」「下着チラ」「胸(谷間)を読者に強調」「体のラインが出る服装」「肌の露出面積がおよそ半分近くをしめる場合」などを扇情的なものとし、表情は基準外とする。
・判断が難しいものはグレーゾーン枠とする。
・各月の販売点数は限定版と同時発売の場合は一つにカウントしている。

●「角川スニーカー文庫」
2017年10月~2018年10月:97冊15冊:15.4%
2005年1月~2006年1月:87冊3冊:3.4%

▼2018年10月:6冊中2冊

『君は世界災厄の魔女、あるいはひとりぼっちの救世主』
『R-18な彼女はどうやら経験値が足りないようだ』

▼2018年9月:8冊中1冊

『回復術士のやり直し4 ~即死魔法とスキルコピーの超越ヒール~』

▼2018年8月:7冊中1冊

『この世界で9番目ぐらいな俺、異世界人の監視役に駆り出されました』2巻

・グレーゾーン

『異世界ゲーム神話大系 可愛い女神のお願いなのでユニークスキルで異世界を少しひねってくる』
『美少女作家と目指すミリオンセラアアアアアアアアッ!!』4巻

▼2018年7月:9冊中1冊

『僕は何度も生まれ変わる』

▼2018年6月:10冊中0冊
・グレーゾーン
『暗黒ハローワーク! 俺と聖母とバカとロリは勇者の職にありつきたい』



▼2018年5月:7冊中0冊
・グレーゾーン

『異世界が地球を制圧して100年、東京に帰ったらエルフの家族ができました。』

▼2018年4月:10冊中2冊

『新妹魔王の契約者』XII
『ニートの少女(17)に時給650円でレベル上げさせているオンライン』2巻

・グレーゾーン

『逝きかけ英雄講師の最終講義』
『この世界で9番目ぐらいな俺、異世界人の監視役に駆り出されました』
『ゼロの大賢者 ~若返った最強賢者は正体を隠して成り上がる~』

▼2018年3月:6冊中0冊
▼2018年2月:6冊中1冊

『格安温泉宿を立て直そうとしたらハーレム状態になったんだけど全員人外なんだ』

▼2018年1月:6冊中0冊
・グレーゾーン

『勇者だけど歌唱スキルがゼロなせいで修羅場続きになっている』
『もう異世界に懲りたので破壊して少女だけ救いたい』

▼2017年12月:8冊中4冊

『オーク先生のJKハーレムにようこそ!』
『回復術士のやり直し2 ~即死魔法とスキルコピーの超越ヒール~』
『この素晴らしい世界に祝福を!エクストラ あの愚か者にも脚光を!2 遠いハーレムの向こうに』
『ニートの少女(17)に時給650円でレベル上げさせているオンライン』

▼2017年11月:8冊中2冊

『戦闘員、派遣します!』
『魔装学園H×H』12巻

▼2017年10月:6冊中1冊

『エクスタス・オンライン 04.ぼっち魔王とチート神は偽りの友情を結ぶ』

・グレーゾーン

『ゲーム・プレイング・ロール ver.2 妹が邪神になりまして。』


――――
以下、2005年1月~2006年1月分。

◆2006年1月:6冊中0冊
◆2005年12月:6冊中0冊
・グレーゾーン

『ポケロリ なかよしの章』

◆2005年11月:6冊中2冊

『喚ばれて飛び出てみたけれど』2巻
『神様ゲーム』2巻

◆2005年10月:5冊中1冊

『ポケロリ りぼんの章』

◆2005年9月:6冊中0冊
◆2005年8月:6冊中0冊
◆2005年7月:8冊中0冊
・グレーゾーン

『喚ばれて飛び出てみたけれど』

◆2005年6月:8冊中0冊
◆2005年5月:6冊中0冊
◆2005年4月:8冊中0冊
◆2005年3月:8冊中0冊
◆2005年2月:8冊中0冊
◆2005年1月:6冊中0冊

fujimiti