FC2ブログ

まんが感想:『新耳袋アトモス 2016年2月号』「ホラー専門の漫画雑誌。今回で休刊です」

まんが感想
12 /20 2015


新耳袋アトモスの冬号。読了。

今回で休刊ということで、内容も最後を意識したものがいくつかあり。
『アウターゾーン リ:ビジデッド』は、その昔ジャンプで掲載したものを思い出すような読者への別れから続く、最終回ネタな楽屋落ち話。

『新耳袋』を漫画化したものでは、読者が実話怪談集『新耳袋』を読んで遭遇した怪異の話を持ってくるなど色々とお別れムードが満載。

しかし、こうやってホラー作品を雑誌でたくさん読むとホラーと一口に言っても色々とあるんだなと気づかされる。
『アウターゾーン』は奇妙な味の作品だし、『新耳袋』は実話怪談。

読みきりの『案山子村』はゴア描写全開のスプラッタものだし、『断章のグリム』もスプラッタ描写が強めだけど物語の基本構造はライトノベル的、少年漫画的な形で進んでいくからな。

ホラーって恐怖を煽るもの以外にも、シュールギャグ紙一重なものでもそう呼ぶからな。
この雑誌でも、過去にはそれっぽいのがいくつかあったし。

ホラーは映像にすると、スプラッタ描写がきついものはさらにギャグ紙一重になることが多いからな。『道化死てるぜ!』とか。
ホラーは奥が深い。

今回で休刊というわけだけど、『アウターゾーン リ:ビジデッド』『SIREN』『断章のグリム』は今後は「画楽ノ杜」でWEB連載するようです。
『断章のグリム』のコミカライズには満足しているので、引き続き楽しみにしています。
スポンサーサイト



まんが感想:『神殺姫ヂルチ』1、2巻。「『おまもりひまり』の的良みらん先生の最新作。今回のメインヒロインはロリ巨乳悪魔っ子」

まんが感想
12 /19 2015



的良みらん『神殺姫ヂルチ』の1巻と2巻。

TVアニメ化もした『おまもりひまり』の作者による新シリーズ。
そういえば始まっていたのねということで、1、2巻を買って読んでみる。

内容はといえば、悪魔やら教会やら謎の組織やらと、なんか色々と背景にごちゃごちゃした設定がありながらもエロコメ要素満載で進んでいくという作者お馴染みのあれ。

的良みらん先生はエロマンガ家時代から好きな作家さんなんで、ヒロインが気に入れば購入も視野に入れておくかくらいの軽い気持ちで買ったものの、メインヒロインのヂルチがバリ好みで撃沈。

身長146センチくらいのピンク髪ツインテロリ巨乳悪魔っ子とか、好みにメガヒット。
ヂルチのサービスシーン目当てだけで購入が決定した瞬間だった。

1巻では一緒にお風呂、2巻ではパンチラだらけの制服姿やら水着で川遊びやら胸元開いたタートルネックなどと色々な衣装も楽しめたので満足。
個人的には1巻表紙の基本服が好み。

お話としては、1巻の時点では人物紹介やら設定紹介だけで終わったものの、2巻になってからは登場人物が増えたり敵も動き出して来たので、これから盛り上げますよといったところなのかな。

1巻の予告では『Angelical Pendulum』にも登場したヘレネッツァの名前があったので個人的にはかなり注目。
ヘレネッツァ、テレネッツァの黒ゴス、ロリ巨乳&白ゴス、ロリっ子姉妹は的良みらん作品で一番好きなヒロインだったからな。

なので、続巻も楽しみに待つ。

まんが感想:『新耳袋アトモス 2015年12月号』「『断章のグリム』の第2話がセンターカラーで掲載。巻頭カラーは『アウターゾーン リ:ビジテッド』」

まんが感想
10 /20 2015


新耳袋アトモスの秋号、読了。

ざっと読んだので感想。
自分は前号から『断章のグリム』目当てで買っているものの、今回もけっこう楽しめたな。

『断章のグリム』は前回に続いて紹介回。ロッジでの話が中心。
颯姫ちゃんの〈食害〉はイラストにするとやはりエグイな。耳元がざわざわする。

しかし、まだ風乃さんも出てきていないし、このペースだと次の回も〈断章〉の説明で終わりそうなんだけど。
(まあ、1巻は〈断章〉の説明したらあとは事件が起きてそれを解決ってだけで終わるけどさ)

で、巻頭カラーの『アウターゾーン リ:ビジテッド』なんだけど、これがとても面白い。

訪問販売員のミザリィが、ある連続殺人事件の犯人の家に何かを売りに来た。
その90分後、どこかの地下室でふたりの男が目覚める。どうやらそこは連続殺人犯が使っている拷問部屋のようなのだが、記憶を失っている彼らはなぜここにいるのかわからない。

ふたりはどうやって脱出するかと相談するも、片方は鎖で繋がれており、ドアも施錠されている。
その上、記憶のないふたりには相手が信用できる人物か確信を抱けないでいた。

過去の被害者はすべて女性なので、男を誘拐するとは思えない。ふたりのうちどちらか、あるいは両方が殺人事件の犯人という可能性もある。
そうこうしているうちに部屋に何者かが近づいてきて……。

とまあ、『SAW』のようなソリッドシチュエーションスリラー。オチも含めて、これは面白かった。綺麗などんでん返しだね。
彼ら二人は何者なのか。そして、ミザリィが売った商品はなんだったのか? と謎を引っ張っていき最後の最後まで楽しませてくれる。

爽快感あふれるすっきりした終わり方など、昔楽しんで読んでいた『アウターゾーン』を思い出させるなあ。
(当時の単行本いわく、作者は基本的にはハッピーエンドで物語を終わらせる傾向にある)

その他にも、前号でも楽しめたホラー漫画家の半生を描いた漫画『怪奇まんが道』は今回も興味深い。
今回の漫画家は犬木加奈子先生。

ホラー漫画をまったく読んでいない自分でも、イラストだけはどこかで見たことあるというくらいに有名な作家さん。
90年代ごろの本屋の雑誌コーナーでは何度も見かけたことある人だよなあ。

あとは、引き続き連載中の『SIREN』やら『新耳袋』やら『五分後に意外な結末』なども掲載。
次の発売は12月らしいので忘れないようにメモ。

まんが感想:『星姫村のないしょ話』「田舎の小学生と身体測定したり一緒に温泉に入ったり」

まんが感想
09 /24 2015

ヤングチャンピオン烈にて連載中のあずまゆき先生の新作。『星姫村のないしょ話』

いもむや本舗といえばシスプリの同人誌だよな、とかいう古い話はしません。
でも、あずまゆき先生といえばやっぱり幼女だよねとかは言う。

都会で小学校教師をしていた主人公が、ませた子供に嫌気が差したので故郷である田舎に出戻りして、そこで同僚の先生やら教え子のエロハプニングに遭遇するみたいな内容。

4話までは天然巨乳な先生とのエロハプニングが多かったものの、その後は幼女率が上昇。
上半身裸でブルマはいただけの姿で身体測定とか、スク水姿での田植えの後に温泉(もちろん混浴)など、児童たちとのエロスが増えていく。

個人的には先生など眼中になく、表紙の子たち目当てで購入したために後半の展開のほうが好み。
身体測定では乳首全開だし、温泉でも羞恥心がある子とない子がいるなど好みと合致している。
メイン三人の年齢も、小学五年生ふたりに六年生がひとりとかなり絶妙だし。

1巻の最後には1話に出てきた都会のお嬢さんも引っ越して来てますます幼女率が高くなりそうなんで、個人的には期待。

ちなみに、連載誌ヤングチャンピオン烈の最新号は巻頭カラーで温泉回でした。眼福。

まんが感想:『プラスティック・メモリーズ Say to good-bye』「ミチルとザックを主人公にしたアニメ版のサイドストーリー」

まんが感想
08 /25 2015

アニメが好みだったので漫画版も購入。『プラスティック・メモリーズ Say to good-bye』

アニメのサイドストーリーという感じで、漫画版はアニメ1話の1年前から物語が始まる。
そのため、話はツカサやアイラではなく、サブキャラのミチルとザックが中心になって進んでいく。

アニメ版は人工の心を搭載した人型ロボット、ギフティアの回収という設定がとても自分の好みに合っていたのだが、料理の仕方がいまひとつ好みと違っていたという評価に困る作品だった。

漫画版でもそれはけっこう同じであり、やはり死神もの(死ぬまでのあいだに何をするか)に雰囲気が近いのだが、同室のミチルに気を使うザックやギフティアの所有者への交渉の仕方など、アニメよりはややロボットものとしての面白さが増えている気がした。

エピソードは大きく分けてふたつ。
回収を拒否する持ち主と、ギフティアがいなくなったあとの生活を心配される持ち主の話。

前者のエピソードはアニメでも似たようなものがあったものの、後者の回収エピソードはとても好みにあっていた。
持ち主はギフティアを恋人(妻)として扱っており、新しいギフティアを買うことを拒否するのだが、次にくるのは妻の代わりではなくふたりの娘であるというのは設定を上手く扱っている。

このエピソード自体は好みなのだが、やはり気になるのがこの世界におけるギフティアとの恋愛模様。
二番目の回収エピソードのおじさんは完全にギフティアを伴侶として捉えており、新しくやってくるギフティアも娘として受け入れるのだが、このような事例がこの世界でどれくらい当たり前のことなのかということが気になってしかたがない。

個人的には、そういう「ロボットとの恋愛は成立するのか?」という問題はこの種のジャンルの作品としては語らないわけにはいかないテーマだと思うので、そこらへんをもうちょっと掘り下げて欲しいというのが正直な感想。

とまあ、自分が一番気になるところは語られなかったものの、AIものスキーとしてはけっこう楽しめた。
アニメではほのめかされるだけだったミチルとザックの関係も丁寧に描かれて完璧に仲良し姉弟になっていたので、アニメ版の補完という意味でも十分に満足できる。

2巻以降はアニメ版と時系列を同じにしたものになるらしいので、続きも楽しみ。

――――――
感想リンク。
・アニメ感想:『プラスティック・メモリーズ』
・ラノベ感想:『プラスティック・メモリーズ ―Heartfelt Thanks―』

fujimiti