FC2ブログ

『アニメ感想』:「『Gのレコンギスタ』が面白すぎる」

アニメ感想
10 /30 2014
新規アニメもぼちぼち話数が進んできたので、そろそろ見たいものが決まってきたかな?
というわけで、最近見たものの感想でもテキトーに。

●『ガンダムGのレコンギスタ』
もう、5話BパートのMS戦が見れたからいいや(大満足)

あの、カットシーの編隊が一直線に並んで一機が盾になり後衛が散開、そこから続く乱戦に可変MS登場からの、

「変形して武器なしでくるとはなぁ」
「ふざけているのかぁ!」
「こいつぅ……ライフルを直撃!?」
「ッハハハハ。これで死ねやぁ、宇宙海賊!」
「ジャベリンはまだある!」

の息を呑むような一連の流れは何度も見てしまった。
何この『ターンエーガンダム』の最終回付近みたいなオメガカッコいい戦いは。

お話についてはツッコミどころしかないんだけど、バトル描写は相変わらず鬼カッコいいのでこれだけでいいやって気分です。
富野監督作品って、大きなお話の流れはかなーりツッコミどころあるくせに、戦闘描写や細かい人物描写や日常描写は本当に上手いよね。

5話でも、アイーダがまだ戦死した大尉のことを引きずっていてベルリに対して気持ちを割り切れずにひとり泣くことしか出来ないとか、めっちゃ繊細だし。
普通のロボアニメならさらりと流すか逆にもっと深く掘り下げて一話のエピソードにするところなのに、ちょっとした場所に挟んでくるからなあ。
こういう演出は大好きなので、やはり今期でも一、二を争うくらい楽しんでいる作品です。


●『甘城ブリリアントパーク』
このアニメを見ているとエロ妄想しか浮かばないんだけど、病気じゃないよね?
水着チア、ネットに宣伝動画、なんでも30円とか、全力で薄い本を作れと訴えているようにしか思えない。
ご近所にラブホテルもあることだし、いっそのこと提携しちゃえよ。
(ミュースは水の妖精だけに、夜は水商売だなとかくだらないことしか考えていません)


●『SHIROBAKO』
3話まで視聴。
いわゆる、お仕事アニメだね。アニメの製作現場のお話かあ。

どこがどう面白いとはいえないんだけど、なんか面白い。いや、興味深いというほうが正しいのかな?
あの締め切り間際の臨場感とか、監督がいきなりファジーな理由で作画リテイクを要求したりキャラクターの認識を再確認しようと会議を始めたりと、どこまで本当なのかはわからないけどじつにそれっぽいので見ていて感心できるし。

3話のテンパリすぎて独り言ぶつぶつ呟きながら洗い物をするシーンもかなり必見。
心当たりがありすぎて、見ていて胃がキリキリしてくるわ(笑)

会話中心な物語なのも、じつに心地よいねえ。やっぱり、面白さよりは興味深さのほうが勝っているのかな?
よく考えるとまだまだ全然話の方向性もわかっていないし、そもそも目的らしい目的もないというか、すでに主人公たちが社会人ということもあり落としどころがまったくわからない作品だけどかなり楽しんでいます。
今後も期待。


●『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』
今期のネタ枠。
出るやつ出るやつクズしかいねえ(笑)

一話からしてアバンからデスティニーガンダムっぽい挙動をする主役メカだったり、超差別主義者な姫様だったり、超展開で母親が死んだり、最下級にまで堕ちたり、レズ祭りだったりとツッコミが追いつかない。

その後も、2話で死亡フラグ立てまくりな人が予想通りかなりグロく死んだり、自分が住んでいたのは格差も差別もない社会だったと差別主義者の姫様が発言したりと、腹抱えて笑えばいいのか怒るべき場面なのかと理解に苦しむ演出と展開の目白押し。

どう考えても好みからはかけ離れた内容なんだけど、ここまで突き抜けて頭おかしいと逆に興味を持ってしまうから不思議なものだ。『ヴァルヴレイヴ』を思い出す。

明日には即座に興味をなくしてもおかしくない作品だけど、このガイキチなノリについていける限りは見るかもしれないし我に返ってすぐに録画を全部消すかもしれない。
スポンサーサイト



fujimiti