FC2ブログ

ゲーム感想:『ベルウィックサーガ』その5。「難しいとは言われているものの、ボス攻略だけに限ればファイアーエムブレムより楽」

ゲーム感想:ベルウィックサーガ
05 /28 2015

まだまだ遊んでいますよ『ベルウィックサーガ』

このゲーム、その難易度のせいで序盤で投げ出す人も大勢いるだろうけど、慣れてくると同じ手ごわいシミュレーションである『ファイアーエムブレム』よりも遊びやすい。

5ターンセーブ制なので、ボスの直前にセーブしておけばどれだけ強い敵だろうが運さえよければまず倒せる。
リースの専用武器ロードグラムは2回攻撃&クリティカル効果ありという凶悪武器なので、これにスキル連続が発動してくれればどんなボスでもまず落とせるし。

5ターンセーブの利点はそれ以外にもあり、5、6ターン目あたりは成功率がやや低いと思われるリセット前提のプレイをし、8ターン以降は生き残ることを優先させた確実性の高いプレイをするとまず失敗しなくなる。

そうやって生存率を高める以外にも、逆に4・9ターン目などのセーブ直前のターンでは、自分への宿題とばかりに危険度が高いプレイをして限界に挑戦するなど、いろいろと遊べるし。

最近はプレイスタイルが変わり、一気に一面をクリアするということがしづらくなっており、ファイアーエムブレムの途中でセーブできない(中断という意味ではない)ところがかなり厳しくなっているので、このベルサガのシステムはありがたい。
中断してしまうと、どうしてもいま何をしていたのかを忘れてしまい、うっかりミスをしてしまうことがあるし。

エムブレムあるあるな、キルソード持ちのボスにうっかりと味方ユニットが殺されたりしたときなんかは、さすがに最初からやり直す気力をもう出せそうもないし。

……書いていて、『トラキア776』の悪夢を思い出してしまった。
勇者の槍を装備したフィンが、命中率99%の攻撃を2回外して敵のキラーランスに殺されたのは今でも忘れられない悪い思い出。
聖戦士の書を成長させたいユニットに持たせていたせいで、必殺を回避できなかったんだよなあ……。
(最大命中率を99%にするだけでSRPGの難易度はグッと上がるという良い事例)

個人的には、トラ7はベルサガよりもよっぽどマゾい難易度なゲームだったと思っています。
『トラキア776』は、「当たると思っている攻撃が外れるゲーム」であり、『ベルウィックサーガ』は「はじめから当たらないことを前提にプレイするゲーム」なのですから。

fujimiti