ラノベ感想:『ソード・ワールド2.0リプレイ 竜伯爵は没落しました!』「蛮族領ディルフラムを舞台にした秋田みやびGMの新シリーズ。ドレイクがぽんこつなのはSW2.0のお約束」



SW2.0リプレイ『竜伯爵は没落しました!』読了。
秋田みやびGMのリプレイ新シリーズ。

今回の舞台は蛮族領ディルフラム。
サプリメントも新しく発売された『バルバロスブック』や『ディルフラム博物誌』など、最新のものを取り入れたリプレイとなっている。

蛮族領ということもあって、PCはドレイク(ナイト)が主人公格。
仲間はバジリスクのデーモンルーラーあたりが珍しいけど、あとはドワーフの神官戦士に人間のコンジャラー、ミアキスのスカウトグラップラーと鉄板な編成となっている。

蛮族領でのリプレイは過去にも『バルバロス・ロワイヤル』があるし、ベーテGMの『Rock’n Role』は人族蛮族混交地域でのリプレイだけど、初期作成メンバーでのリプレイはこれが初だったかな?

周囲は強い蛮族ばかりなので力ずくで物事を進められないなど、このやりづらさが窮屈と感じるか制限があって面白いと感じるかだね。
蛮族領では低レベル蛮族PCは生きづらいものなのだよ。

初期作成PCということもあってか、シナリオはオーソドックスな異変察知型のものだけど、蛮族領ということもあってそこかしこで特色が現れてるのが面白い。

人間は明らかに奴隷や愛玩動物枠なのに蛮族領全体で見ればまだマシな扱いだからエンジョイしているとか、それでいいのか人族よ。
(ミアキスのルドは猫扱いされるの嫌がってるけどさ)

そんな風にオーソドックスとニッチの両方を味わえて面白く楽しんでいたものの、最後に大事故発生。
最初はいつものことじゃろガハハと笑って受け流したものの、このレギュレーションだとじつは大ピンチだということが判明して軽く笑いが引きつる。

これ、やり直したほうがいいんじゃないの?
と読者ながら心配するような展開になりながらも、文字通り首の皮一枚繋がったような強引な突破の仕方にさらに大笑い。
もう、いっそのこと、このシリーズは最後までこのキャラ付けで通しちゃえよ。(じつに他人事な意見)

いやあ、蛮族PCはステータスが高い分、制限も多いですねえ。
蛮族PCで遊ぶ際に気をつけるべきことがよくわかるリプレイであった。

この状況をどうやって打破するのか。続きが楽しみです。


以下、感想箇条書き。
・ロランって魔法系技能何も覚えてないのに《魔法誘導》なんか覚えてるのかよ。ブレス特化ビルドにするつもりだったのか?
・こっそりカーツくんとお姫様の夫婦喧嘩設定が公式設定扱いになりかけていて笑う。
・そういえば、ドレイクって爪とか牙は生来の魔剣に出来るのだろうか。自分がGMだったらNGにするけどさ。
・ドレイク(ナイト)は剣を折ると残機をひとつ増やせる。これ豆な?

――――――――――
感想リンク。
『ソード・ワールド2.0リプレイ 竜伯爵は没落しました!』2巻

SW2.0リプレイ、全作品紹介。
『ソード・ワールド2.0 バルバロスブック』感想。
『ソード・ワールド2.0サプリメント プレイヤーズ・ハンドブック ディルフラム博物誌』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

fujimiti

Author:fujimiti

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
『Re;Lord 第三章 ~グローセンの魔王と最後の魔女~』応援中!
フリーエリア
『淫堕の姫騎士ジャンヌ2』応援中!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR