アニメ感想:『賭ケグルイ』1話「投票ジャンケンをもっと公平なルールのギャンブルに改変してみる」



今期アニメの『賭ケグルイ』
自分はサスペンス重視なギャンブルものよりもゲームもの(勝率が公平なもの)やルールもの(ルールを守れば必ず勝てる)のほうが好きなのでこのアニメはあまり楽しめなかった。

で、見ている最中に1話に出てきた投票ジャンケンをもっと公平なゲームに出来ないかと考えたら思いついてしまったのでせっかくなので書く。


元の投票ジャンケンのルールを再確認しよう。

・最初に賭け金を決める。
・ゲームプレイヤー以外のクラスメイト30人にグー、チョキ、パーを記入させて箱にいれる。
・箱の中からランダムに三枚引いて手札にする。
・手札の中から一枚選んで勝負。あいこなら次のカードを選び、三回あいこならひきわけとなる。

少し考えればわかるが、このギャンブルにはいくつか穴がある。
ひとつは、賭け金を変動できないところだ。

カードゲーム系のギャンブルは手札に応じて賭け金を吊り上げられることが面白さのひとつなのだが、投票ジャンケンは賭け金をいじれないのでその面白さを放棄している。

もうひとつの大きな穴は、投票プロセス自体が無駄になっていることだ。
上記のように賭け金がいじれずに三枚のカードでジャンケンをするだけならやってることはコイントスとほとんど変わらない。
山札(投票箱)にどの手が何枚入っているかわからないため、手札にグーが三枚あろうが一枚も無かろうがどちらのほうが有利かわからないからだ。

この投票箱という無駄な手順があるため、アニメを見ているだけでもここに何かイカサマが仕組まれているとすぐにわかってしまう。
これはギャンブルものとしても先の読める悪手な仕様だろう。


このゲームを自分なりにアレンジしてみた。
以下、遊ぶための手順となる。

・山札はグー、チョキ、パーがそれぞれ三枚ずつとする。
・手札はその中からランダムに三枚配られる。
・参加費として一定の額を支払う。これを初期の賭け金とする。
・レイズ(賭け金の上乗せ)のチャンスは三回与えられる。それぞれ手札が配られた直後、手札を出してあいこになった後×2とする。
・先攻後攻を決め、レイズは先攻から行う。後攻側はレイズした額と同じだけの賭け金を場に出すことで勝負に参加できる。
(※ 後攻はレイズすることが出来ないというルールを加えても面白いかもしれない)
・レイズ額に所持金が足りない場合はオールイン(全額勝負)となる。

以上。
このルールならば手札を見て賭け金を吊り上げることも出来るし、ブラフをする機会も得られる。

なお、このルールは頭の中で考えたもので実際には遊んでいないので、ルールに不備があった場合はご了承ください。
遊びたい人がいたらご自由にどうぞ。楽しめたら御一報いただけると喜びます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

fujimiti

Author:fujimiti

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
『Re;Lord 第三章 ~グローセンの魔王と最後の魔女~』応援中!
フリーエリア
『淫堕の姫騎士ジャンヌ2』応援中!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR