ラノベ感想:『ソード・ワールド2.0リプレイ ドラゴンスレイヤーズ3 神ならざる者に捧ぐ鎮魂歌』「ユリウス皇帝やミスティン姫が活躍する超越者リプレイの第3巻。今回は『ディルフラム博物誌』で初登場した求道者データのバジリスクが大暴れ!」



SW2.0リプレイ『ドラゴンスレイヤーズ3 神ならざる者に捧ぐ鎮魂歌』読了。
北沢慶GMによるレベル16オーバーの超越者リプレイの第3巻。

1巻のころからクライマックス全開で最強レベルの敵がバンバン出てきたものの、今回もまたそれは同じ。
フォールンドラゴンや神を相手に世界の危機をたびたび救ってきた面々だが、まだ脅威は打ち止めではなかった!

今回は2巻までの主要メンバーであるルキスラのユリウス皇帝とアイヤールのミスティン姫の二人を据え置き、残る二人は入れ替えて進めていく。

そのメンバーだが、どちらもくせ者。
片方は『バルバロスブック』で追加されたケンタウロスの超越者のリヴィエラ。
彼女は人族の社会に住む名誉人族なのでまだ大人しいのだが、もう一人のサラディーンが問題。

こちらも『バルバロスブック』で追加された種族、バジリスクのPCなのだが『ディルフラム博物誌』で追加された求道者のデータを用いたせいでステータスがトンでもないことになっている。

求道者はレベルが15でストップする代わりに「求道者」技能に経験点を振ると様々な恩恵(抵抗力上昇、16レベル以上の魔法や特技が使えるようになるなど)を得られるのだが、ステータスアップもそのひとつ。

サラディーンは求道者にかなりの経験値を振っているため、能力値ボーナスがあらかた10を超え、精神力にいたっては93点(ボーナス15!)という何を言ってるのかわからないものになっていた。
これでバードやられたらGM困っただろうなあ。

このサラディーンが馬鹿げた能力値だったことや、PCたちの中で唯一人族世界に住んでいないバジリスクだったことも関係して実によいかき回し役になっていた。
ゴーレム乗り回しながら人族の町を闊歩するなど、その姿はどう考えてもラスボスでしかない(笑)

そんなわけでサラディーンの印象が序盤からとても強くなっていたのだが、戦闘面でも大活躍。
[操位の邪眼]の効果によってケンタウロスのリヴィエラを乱戦エリアから動かして何度も【チャージ】【縦横無尽】を行うなど、文字通り縦横無尽な活躍を見せる。

いやー、『ディルフラム博物誌』は読んでいたもののこのコンボは思いつかなかった。
記述によれば狙ったわけではなく偶然実現したコンボらしいのだが、これのおかげで魔法使い系を完封できたりと戦闘面で命綱的な活躍を見せている。

この四人はなんと誰もプリースト技能を有していないので、この攻撃力がなければ誰かが気絶→立て直しが出来ずにジリ貧もありえた。
(まあ、このあたりは「みんな不屈くらい持ってるっしょ?」って気持ちで挑んだのかもしれないけど)

そんなわけで、今回も面白かった。
こういった高レベルリプレイは自分では遊んだことのないデータを見れるので読み物としてとても面白い。

さすがにこれ以上出すのは無理だろうなあと毎回言っているものだけど、やはり続きを期待せずにはいられないのですよ。


以下、感想箇条書き。
・こっそりルキスラ南にある自由都市同盟が併合されていて笑う。ザルツ征服がちゃくちゃくと進んでいるな。
・パジャリガーサードはこれ、NPCで活躍させたらメッシュへの風評被害がさらに高まっただろうなあ。


――――――――――
感想リンク。
『ソード・ワールド2.0リプレイ ドラゴンスレイヤーズ かくて神への扉はひらかれる』感想。
『ソード・ワールド2.0リプレイ ドラゴンスレイヤーズ 誰がために神は哭く』感想。

『ソード・ワールド2.0 バルバロスブック』感想。
『ソード・ワールド2.0 ルール&データブック フォルトナコード』感想。
『ソード・ワールド2.0サプリメント プレイヤーズ・ハンドブック ディルフラム博物誌』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

fujimiti

Author:fujimiti

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
『Re;Lord 第三章 ~グローセンの魔王と最後の魔女~』応援中!
フリーエリア
『淫堕の姫騎士ジャンヌ2』応援中!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR