FC2ブログ

ミステリ感想:『屍人荘の殺人』「ゾンビものパニックホラーのシチュエーションで本格ミステリを描いた第27回鮎川哲也賞受賞作」

ミステリ・SF感想
12 /10 2017

今村昌弘著『屍人荘の殺人』読了。
第27回鮎川哲也賞受賞作品。

うん、たしかに面白い。
特殊なシチュエーションの中でこそ起きた謎という特殊設定ミステリの形をちゃんと守っている。

あらすじや選評ではなぜかぼかされているんだけど、本書はゾンビ系パニックホラーと本格ミステリ的な謎解きを合体させた作品である。

バイオテロによってコンサート会場の客がゾンビ化し近くの別荘に滞在していた大学生たちが篭城して助けを待つという、ゾンビ映画ではおなじみのシチュエーション。

そのような極限状態の中で殺人事件が起き、その場にいた美女名探偵やら語り部たる主人公の行動によって謎が解き明かされていくという特殊設定型の本格ミステリ。

なんというか、15年くらい前にあった富士見ミステリー文庫で自分が読みたかったのはこういうのだったんだなあと懐かしい気分になった作品だったな。

どうでもいいゾンビの発生理由、美女名探偵と冴えない語り部という王道コンビ、薄っぺらいゾンビ映画談義に明日になれば忘れてしまうような犯人の動機など、傑作を評するときに使われるような頭をハンマーでガツンと殴られるような衝撃とは無縁なポップコーンとコーラをそっと差し出されたようなジャンク、ジャンク、ジャンク。

前代未聞の傑作でもなければまったく新しいネタで驚かせるでもなく、ネタとネタの組み合わせが光るライトな(それでいて謎そのものは濃厚な)本格ミステリと呼ぶに相応しい。
こういう作品はもっとたくさん世に出て欲しいのだが。

そういったジャンク的な軽さもある種の売りではあるのだが、謎そのものはとても魅力的。

なぜ、ゾンビに囲まれた状況で人を殺したのか?
なぜ、部屋を密室にしたのか?
なぜ、エレベーターを動かしたのか?

など、事件の中で出てきた疑問を列挙・検討していき、最後の最後にはじつに綺麗な解決を見せる。


新人賞でよく言われるような作者の持ち味やらオリジナリティといったものはあまり感じなかったものの、肩の力を抜いて読めるエンタメとしてはとても面白かった。

まだ作者買いできるほどひきつけられる魅力は感じなかったものの、今後の動向が気になる作家がまたひとり増えたという感じだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

fujimiti