FC2ブログ

『さくら荘のペットな彼女』7,5巻 感想。

ラノベ感想
10 /18 2012
さくら荘のペットな彼女7.5 (電撃文庫)さくら荘のペットな彼女7.5 (電撃文庫)
(2012/08/10)
鴨志田 一

商品詳細を見る


アニメも始まった、『さくら荘のペットな彼女』の7、5巻。
8巻が出てしまったので、慌てて読む。
ライトノベルの短編集って、よほど面白そうなもの以外はどうしても後回しにしちゃうんだよね。

5,5巻に引き続いての短編集。短編は、全部で3(4)本。

・『生徒会長のはうはうな彼女 上・下』
・『風邪を引いたペットな彼女』
・『青山七海のもっと乙女なスプリング』

『生徒会長の~』は、生徒会長である館林総一郎と、はうはうさんこと姫宮沙織さんの中編。スピンオフものなので、空太やましろの出番はほとんどなし。

『風邪を引いた~』は、タイトルそのままな、よくあるライトノベル短編。

『青山七海の~』は、7巻部分の裏側をちょろっと紹介ってところだね。
内容は、5,5巻の『青山七海の乙女なクリスマス』のような乙女チックなものだけど、さらりと漏れる本音はいいね。
280Pの七海の、「どうせなら、ましろが来る前に、告白しておけばよかったと思ってる」あたりは重くてナイス。

読み終わった感想としては、7巻に引き続いて、恋愛方面に重点を置くようになったという印象かな。
正直なところ、この作品って6巻でほとんど完結しちゃっているからね。
空太と仁さんという、ふたつの恋愛模様と夢への態度の違いが面白かった作品だったけど、7巻ではそれが、空太と新キャラの物語に変わったっぽいからな。

それでどうなるかと思ったところで、7巻のあの引き。
このまま、夢や目標方面の盛り上がりは新キャラに担わせて、空太、ましろ、七海の三人は恋愛方面で話を進めていくのかな。
『生徒会長~』や『青山七海の~』を読むとわかるけど、鴨志田先生って、わりと少女漫画風のお話書くので、そっち方面でも十分面白そうだけど。さて、どうなることやら。

この短編は短編でけっこう面白いんだけど、自分はやっぱり本編の続きが気になるかなあ。
7巻がすんごくいいところで区切られていたので、8巻を期待しちゃうよなあ、ってところ。

なので、続きを一気に読んじゃいますか。
――――――――――――
感想リンク。
『さくら荘のペットな彼女』6巻
『さくら荘のペットな彼女』7巻
『さくら荘のペットな彼女』8巻
『さくら荘のペットな彼女』10巻
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

fujimiti