FC2ブログ

『ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たちリターンズ』2巻 感想。

ラノベ感想
09 /25 2013


『新米女神の勇者たちリターンズ』の第2巻。
店舗特典のおすましルー様が可愛すぎて、耳の穴からから脳みそが飛び出してエルフ耳になりそうだ。
(いま明かされる、エルフ耳の秘密)

なお、自分は微妙にお店が遠いので特典は断念しました。気力だして足を伸ばせばよかったかもと思わなくもない。


内容。
今回も、じつに安定して面白い。
騎士学校の生徒たちと一緒に修学旅行に出発という、ファンタジーにあるまじきゆるさなので(もちろん褒めてます)肩の力を抜いて読めた。
長期シリーズだけに、たまにはこういうお気楽なノリもいいね。

すでに本編から数えて13巻目になるので、全員かなりレベルが上がってるよなあ。
ジークなんかついに13になって《バトルマスター》覚えたり、HP3桁行ったりとかなりむちゃくちゃな状態になってきたし。

レベル1からここまで一歩一歩成長してきただけに、ジークの成長の方向性はなかなかに面白い。
《マルチアクション》《魔法拡大:数》《足さばき》で妖精魔法を使いやすくして、足りない攻撃力は《魔力撃》《武器習熟:ソード》でカバー。

そして何よりも《頑強》《頑強Ⅱ》(『イグニスブレイズ』を摘要すると『超頑強』だけど)を選んで倒れないことをメインにしているのか。
鎧がイスカイアの魔導鎧で防護点に不安があるからこの選択なのかな?

近接攻撃に加えて、妖精魔法で攻撃から回復、支援までなんでもこなせるとか、ジークまじドラクエの勇者さま。


お話。
修学旅行の話も面白かったけど、もうひとつのダンジョンアドベンチャーも中々。今回はリドルが中心だったね。
この線引きパズルを見ていると『へっぽこーず』のときもパズル系のリドルが出たなあ、とちょっと懐かしくなったりなんだり。

それにしても、戦闘回避はやはりTRPGの醍醐味だよなあ。
2.0になってからはモンスターの経験値が多くなったり、剣のかけらもあるから戦闘も重要だけど、1のころなんて敵と戦う必要がほとんどなかったからね。

秋田みやびGMのリプレイは前々から戦闘がなくても十分に面白かったけど、今回のもちゃんと面白い。
こうやって口八丁で相手を丸め込むところがじつにぞんざい勇者団らしいといえばらしい。
ていうか、男ども何やってんだよ(笑)
珍しいジークやら、手馴れすぎているメッシュとムーテスの行動には大笑いできた。


イラストは、今回もカラー口絵・モノクロ挿絵とも絶好調。
見所は、寝巻きのお目覚めルー様&ムーテスくんでしょう。ルー様の可愛さは当然としても、ムーテスくんと並ぶと予想以上の身長差にけっこう驚いたり。
リターンズになってからメガネっ子属性まで追加されて、ルー様マジ女神(女神だし)

それ以外にも、再登場したシフェナがいきなりワンコ属性になっていてちょっと笑ったり。
(この場にイスミーがいたら、どういうやりとりになっていたんだか)

あとは、ソラの現状について少しだけ触れられていたり、(『BRAVE』のあれです)相変わらずメッシュがオチ要員だったり、スカディのローラも普通になじんでいるしで見所満載。

やはりこのシリーズは大好きなので、このまま長々と続けてほしいな。
いずれ、ソラやイスミーにもカムバックしてほしいし。
ソラは『BRAVE』で大活躍したし、レベル的にもいまのぞんざいズと釣り合いが取れているので、いつかまた合流してほしいなあ。

――――――――――
感想リンク。
SW2.0リプレイ、全作品紹介。
『ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち』感想。
『ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち』感想その2。
『ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち』1~3巻 感想。
『ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち』4~6巻 感想。
『ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち』7、8巻 感想。
『ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち』9、10巻 感想。
『ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち』11巻 感想。
『ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たちリターンズ』感想。
『ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たちリターンズ』3巻 感想。
・『ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たちリターンズ』4巻 感想。

『新米女神と勇者たち』感想。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

fujimiti