FC2ブログ

『淫妖蟲 凶~久遠の姫巫女~』感想。「本編より恋愛度もグロ度も上昇した月白姉妹メインのアペンドディスク。菊花が乙女しすぎていてかなり可愛い」

ゲーム感想
02 /07 2015
淫妖蟲 凶 ~久遠の姫巫女~淫妖蟲 凶 ~久遠の姫巫女~
(2015/01/30)
Windows

商品詳細を見る

2015年1月30日にTinkerBell(ティンカーベル)より発売した『淫妖蟲 凶~久遠の姫巫女~』の感想です。
公式サイトへリンク)(メーカーサイトへリンク) ※18禁&グロ注意※

去年の9月に発売した『淫妖蟲 凶 ~凌触病棟退魔録~』の追加要素と、DL販売した三本の短編が収録されているアペンドディスク。
今回は追加要素の『久遠の姫巫女』のみの感想となりますので、あしからず。

●『Hシーン内訳』
総CG:12枚
回想:11回

・『凶』と同じように、ほとんどのCGで白濁液まみれ、レイプ目、アヘ顔気味の白目描写アリ。
・これまた『凶』と同じように、月白姉妹にはCGがない陵辱シーンもある。どちらもガマに全身を舐められ、失禁や絶頂するというもの。また、菊花は陵辱されているところをヤマトに見られる羞恥シチュもある。
・どのHシーンも(1)⇒(2)⇒(3)と続いていくもので、どんどん状況が破滅的になっていくあたりも『凶』と同じ。

▼『菊花』
(1):CG1枚。全裸。縄で拘束し、吊り下げ。村人による股間愛撫後、ヤマトの前で触手で破瓜。細い触手でニプルファック、耳穴から挿入して脳姦。子宮に卵を植えつけられボテ腹。妖魔(蟲)出産。

(2):CG1枚。全裸。後背位。縄で拘束。ボテ腹。妖魔の卵を脱糞後、村人達が子宮を引きずり出し包丁で切り取り食す。タコ触手で2穴を犯しボテ腹。

(3):CG1枚。全裸。壁に寄りかかるような脱力状態。苗床状態で長期間陵辱済み。ボテ腹。妖魔(ガマ)出産後、村人がフィストファック。後頭部に穴を開けて、直接脳に挿入。そのショックで失禁&脱糞、ろれつが回らなくなる。射精後、村人が後頭部に開いた穴から脳みそをすする。


▼『桜花』
(1):CG1枚。全裸。正常位。触手で3穴、鼻、耳に挿入し脳姦。絶頂後、失禁&脱糞。村人が排泄物を食べたあと輪姦(前穴のみ。ふたりで終了)。巨大な触手で挿入。ボテ腹後、妖魔(ガマ)出産。母乳噴出。

(2):CG1枚。全裸。首輪。後背位。長期間陵辱済み。首輪をつけた状態で、村人から輪姦(前穴と口の2穴)。ボテ腹、出産&母乳噴出。その後、馬姦、子馬出産。ガマの触手でボテ腹化。


▼『菊花・桜花』
(1):CG1枚。全裸。まんぐり返し。姉妹で手を組み合わせながら、尻をあわせて股間をおっぴろげて足を上げた状態という、『淫妖蟲』シリーズではよく見られる格好。長期間陵辱済み。苗床にされ、何ヶ月も犯された完堕ち状態。
村人がはみ出た子宮に妖魔の卵を植え付け、足で踏みつけて体内に戻す。その後、全身に村人から放尿。穴という穴に小便をかけられ、姉妹はそれを飲み干すよう強いられる(台詞のみだが、大便も食している模様)
暗転後、ボテ腹化。腹を踏みつけて、無理やり妖魔(ガマ)出産。

▼『水衣』
(1):CG1枚。全裸。首枷。下から仰ぎ見るアングル。村人達から全身愛撫。挿入(破瓜)、スパンキング。射精後、別の村人に変わり輪姦(前穴と口)。射精後、新たにアナルSEX。絶頂後、脱糞。

(2):CG1枚。(1)の差分。ボテ腹。村人の子を生む道具にされた状態で万力のような拷問具で両胸を押しつぶし、母乳噴出。身体を叩かれながら、胎児連続出産。馬姦後、子馬出産で子宮が飛び出る。

(3):CG1枚。座り込み姿勢で、子宮が飛び出した状態。縄で首と胸を縛られ、胸に搾乳機装着して乳搾り。村人に犯されたあと、馬姦。触手に犯されてボテ腹になり、妖魔(ガマ)出産。

▼『鈴子』
(1):CG1枚。全裸。棒立ち。腕を縄で拘束。薬で両胸を巨大化させ、ニプルファック。そのまま乳首輪姦。乳首くぱぁ(モザイクなし)後、乳首にフィストファック。

(2):CG1枚。全裸。寝そべり。乳巨大化。タコ触手でニプルファック。胎児出産(モザイク)。タコ触手でボテ腹化し、眼窩姦。タコ触手が体内を貫いてへそと口から触手が抜け出る。


●『感想:Hシーン』
Hシーンの流れは『凶』とほぼ同じ。
選択肢によってヒロインが捕らえられ、人間によって輪姦されて妖魔を生み出す苗床となるみたいなの。

全裸、白濁液まみれで陵辱の限りを尽くされ、徐々に現状に諦めを抱いて完堕ち状態になったり、毒や薬の影響で快楽に抗えない状態になるなど輪姦シチュエーションとしてとてもエロい。

でも、過激すぎて個人的にはやややりすぎとも思える。
本編もかなり過激で個人的には使えるシーンが少なめだったものの、本作ではさらに過激になっているときてる。

とくに菊花は不死身設定を生かし、子宮を切除して食べたり、触手による耳穴・脳姦、後頭部に穴を開けての直接脳姦など、手加減なし。
正直なところ過激すぎて自分はまったく使えなかったのだが、すごいシーンのオンパレードであることは間違いない。
この手のジャンルが好きな人にはたまらないのだろう。たぶん。

そういう過激なシーンが多かったものの、人間相手の輪姦もそれなりに用意されていたのでそちらには満足できた。
桜花には待望の人間相手の輪姦が用意されていたことだし、水衣も人間相手の輪姦では自分のことを豚だ、淫乱だと叫んだりと快楽堕ちシチュがたまらない。

鈴子は胸改造のみだったので、個人的には使えなかった。
本編と同じく、ガキだとはやし立てられたりママと心の中で泣き叫ぶのは良いのだが、シチュエーションがいまひとつ。今回もフェラCGがなく、着衣Hがなかったのもマイナス点。

Hシーンの長さについても、菊花は優遇されていておそらくは一番長い。水衣もかなり長かった。
スキップで飛ばしながらも「まだ続くのかよ」と思わず驚くほど、徹底的に陵辱の限りを尽くしている。
このあたりは本編のときから同じことだが、単にひとつのHシーンを見せて終わりにしないところは陵辱ゲーとしてとても好感が持てる。

回想数が11回しないのでロープライスとしては普通かやや少ないというところだが、DL販売した3本を持っていない人ならば事実上20以上のシーンが入っていることになるのでお得感はある。
かくいう自分も、DL版の短編2本は持っていなかったのでこれからプレイする予定です。


●『感想:ゲーム・キャラクター部分』
『凶』の追加要素『久遠の姫巫女』はインストールすると『淫妖蟲 凶』のところからプレイできるようになる。
まずは菊花編が追加され、これをクリアすると桜花編と水衣・鈴子編が開放される。
ちなみに、美琴や武の出番はまったくなし。

お話はどれも基本は同じで、視点が変わるとアナザールートになるという過去作品と同じ方式を採用している。
(菊花ルートだと桜花はひとりで温泉に入るが、桜花ルートだと桜花とヤマトが一緒に温泉に入るみたいなの)

お話としては菊花がメインであり、桜花ルートはその補完といったところだが、桜花ルートだと桜花はヤマトとの恋愛フラグが立つ。
この菊花・桜花の恋愛描写が普通のギャルゲーっぽくてちょっと笑う。
ヤマトのことが好きなのに自分は不死だから好きになっちゃだめとか菊花が悶々としたり、桜花がそんな姉を応援しているとか、応援しているうちにいつのまにかヤマトのことを好きになっていたとか、わりと乙女チック。

水衣は今回も妄想全開でけっこう可愛い。鈴子は今回もおまけみたいな扱いであり、ヤマトとの絡みもあまりなし。
このふたりのルートは、選択肢後にちょっとキングクリムゾンされたのが気になるといえば気になる。

また、舞台となる温泉やら巫女のシチュエーションがあまり生かされていないところや、パケ絵の巫女服がHシーンにまったく出てこないところはややマイナスか。
もともと『淫妖蟲 凶』は着衣Hが皆無なところが、個人的にはかなりのマイナス点です。
月白姉妹は立ち絵の寸足らずなセーラー服がとてもエロいだけに、できれば着衣Hシーンが見たかったところ。


●『感想:雑感』
『淫妖蟲』シリーズで一番好みなヒロインである月白姉妹がメインということで、発売前からかなり期待していた作品。
とりあえず、菊花がめっちゃ乙女していて可愛いので彼女が好きなら買って損はない。桜花の出番も多めで姉妹間のやりとりも多いので、月白姉妹好きとしては問題なく楽しめた。

菊花とヤマトが普通のエロゲーっぽく痴話ゲンカしたり、桜花と一緒に温泉入ったりした場面はかなり和む。
このメーカーのゲームが好みな人からすれば異端なんだろうが、自分としてはヤマトを普通のエロゲー主人公みたいにしてヒロインとHするルートがあっても一向に構わないと思えるイチャつきぐあいだった。

作品やメーカーの傾向上そうはならないだろうけど、個人的にはあおじる絵のおっぱいヒロインとロリっ子が好きなので、もうちょいとばかり普通な感じのHシーンが増えてくれたほうが助かるというのも本音です。

まだまだシリーズを続けられそうな伏線も出ているので、このまままた続編なり何なりを出して欲しいところです。
DL販売で色々なシチュエーションを見せてくれたり、月白姉妹メインでのフルプライスなど見たいシーンが多い作品ですね。

――――――――――――
感想リンク。
『淫妖蟲 外伝 ~月白姉妹編 始まりの章~』
『淫妖蟲 凶 ~凌触病棟退魔録~』
『淫妖蟲 凶 ~凌触病棟退魔録~』キャラ別感想
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

fujimiti