FC2ブログ

『映画感想』:『トレマーズ』「みんなのアイドルグラボイズが大活躍、まちぼうけモンスターパニックシリーズの第一作」

映画感想
05 /12 2015


連休だったので、前に午後のロードショーで放送した『トレマーズ』を見る。
最初に見てから二十年以上経つのに、いまだに発音が「トレ、マーズ」なのか「トレマー、ズ」なのかわからない。

久しぶりに見たけど、やっぱりこれ大好きだ。なんだよこの、絶妙な恐怖と笑いは(笑)
モンスターパニックものホラー&アクションとしてもぼんくらコメディとしてもとても楽しめる。

だいたいのあらすじはこんなん。

田舎町に地質調査に来たヒロインとそこの住民が古代の地底生物グラボイズに襲われたんで、なんとかして生き残るのが目的というわかりやすいモンスターパニックもの。

このグラボイズ、人間も丸々飲み込めるほどの大きさをしたさつまいも型の生き物で
(ウィキペディアによれば体長十メートル以上らしいけど、そんなに大きいか?)
口には硬いくちばしがついており、口の中からは三本の触手を出して人間を絡め取って食べるというのが攻撃手段。
普段は土の中で暮らしているので目は悪いが、その代わりとても耳がいいのでどこに逃げても追いかけてくるのが特徴のひとつ。

そんな特徴とは別に、グラボイズは妙に頭がいい。
こういうモンスターパニックものに登場する怪物とは思えないくらい、やたらと主人公たちの裏をかく。

主人公たちはグラボイズが音に反応することに気づいたのでそれを利用して逃げたり爆弾を使って反撃するんだけど、グラボイズもすぐに相手が音を利用しておびき出そうとしていることに気づいて逆に罠にかけるなど、徒党を組んで襲い掛かってくることしか能のないどこぞのエイリアンなんかよりよっぽどおりこうさん。

こう書くととても怖いモンスターのように思えるものの、地上に出てこられないので行動がどうにもぼんくら。
屋根の上や岩の上にのぼってしまえば攻撃できないので、数十分に一回は待ちぼうけタイムがやってくる。

それのおかげで、視聴者としても「暇そうだなあ」「またこれかよ」と突っ込む余地や笑いが生まれるし、退屈になりそうになるとグラボイズが新しい作戦を考えて人間たちを窮地に陥れようとするので、最後の最後までずっと飽きずに楽しめる。

ホラーとコメディはとても近いジャンルであるといわれるけど、この映画をみるとそれがかなり納得できるよなあ。
いわゆる、モンスターパニックものの中ではかなりオススメの一本です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

fujimiti